人に対する保険!対人賠償責任保険

自動車保険は2つに分類される

自動車を購入したときに、必ず加入が義務付けられているのが自動車保険です。自動車保険は自身が自動車を運転していた時に誤って事故を起こしてしまった時に、その事故の影響による負担を軽減するために月額で積み立てる仕組みです。自動車保険には、「相手への賠償」と「自分への保障」の2つに分類されます。自動車保険の認識としては「自分への保障」であり、自分がけがをしてしまった時の人身傷害保険や自損事故保険です。そして自分は運よくけがをしなかったが、自分の車が破損してしまった時には車両保険が該当します。自動車保険に加入しておくことで自分への医療費などが助かりますが、自動車保険の本当の目的はもう一つの「相手への賠償」にあるのです。

相手に多大な影響を与えてしまった時におりる保険

自動車保険の役割は、自分が起こした事故によって相手に損害を与えてしまった場合です。損害が相手を汚させたのではなく、相手の所有物を破損させてしまった場合には「対物対象賠償保険」が下りることで、最低でも100万単位で壊してしまったものを賠償することができます。そして自動車保険で最も大事なのが、相手を汚させたときに発生する「対人賠償責任保険」です。これは自身そして家族観を除いて、自動車で事故を起こした時に相手に対して支払う保険です。

事故によって擦り傷や打撲程度で済めば、その医療費は100万単位でおりるので全額保証ができます。しかし骨折をした後に重度の障害が発生した場合には1000万以上の負担になるので、そういった負担を軽減するのに役立つのです。ただ死亡事故を起こしてしまった場合にも、この対人賠償責任保険が適用されますが支払う費用が億単位となり保障するのが難しくなるので注意が必要になります。