代理店型とネット型から選ぶ

代理店型自動車保険の場合

自動車保険を探している時、代理店型を選ぶメリットは面倒なことが少なく契約内容の精査や交渉といったことを代理店に任せることが出来る点です。代理店は契約者と保険会社の間に立って交渉してくれるため、直接契約者が保険会社と交渉する必要がありません。また保険会社の契約内容は非常に複雑であることも多いのですが、代理店がそれらの契約内容をわかりやすく要点にまとめて説明してくれます。契約内容の見落としなども起きづらいですし、契約内容の注意点やリスクなどもアドバイスしてもらえるため自動車保険を実際に使う際のトラブルも防ぐことができます。しかしその反面、それらの親切なサービスを受ける分の人件費がかかるため、トータルの保険料がやや高く付いてしまう傾向はあります。

ネット型自動車保険の場合

ネット型自動車保険は、インターネットを介して契約者が直接保険会社と契約する自動車保険です。ネット型自動車保険のメリットはなんと言っても保険料が安くなるコストパフォーマンスです。契約者と保険会社が直接契約する形になるため仲介が入らず、その分の費用がカット出来るのでその分の人件費を安く済ませることができるのです。しかし保険会社は代理店ほど親切にサービス内容の案内やリスク・注意点の説明はしてくれない事も多く、いざ自動車保険を使おうと思ったら微妙に契約内容から外れていて適用外になるなどのトラブルも考えられます。自分で契約書をしっかり読み込んだり、入念な情報収集が苦にならないのであればコストは安くなるのでおすすめと言えます。