必要なサービスを選択!特約の内容を確認

ロードサービスなら突然の車の故障時も安心

自動車保険の特約の必要性については、人それぞれの職業や生活スタイルなどによって大きく異なります。そのため、自動車保険の加入を検討するにあたり、早めに数社の特約の種類や具体的なサポートの内容について吟味することが大切です。たとえば、車が道路上で突然故障してしまった場合にレッカー車を手配できるロードサービスは、大手の損保会社の中でも人気の特約の一つとなっています。こうしたサービスを利用する場合には、会社によって新幹線や飛行機などの移動費用を援助してくれたり、翌年も等級が下がらなかったりすることもあり、多くのドライバーにとってメリットがあります。なお、ロードサービスの内容は、損保会社の方針に左右されるため、少しでも分からないことがあれば、手続きの前にためらわずに担当窓口に質問をすることが重要です。

弁護士特約は事故発生時に相手方との示談交渉をスムーズに行える

自動車保険の弁護士特約は、道路上で人身事故が発生した場合に、相手方との示談交渉をスムーズに行う上で欠かせないものとなっています。特に、車を運転する距離が長い人や、仕事上で頻繁に車を使う人は、人身事故のリスクが高くなる傾向が見られるため、自動車保険の加入時に弁護士特約の必要性をよく検討するのがおすすめです。弁護士特約の費用は損保会社によりますが、月々数百円から千円程度とリーズナブルなところも多くあり、経済的にあまり負担が掛からないといった魅力もあります。その他、時間があればいくつかの損保会社の資料に目を通して、事故の際に担当の弁護士と連絡が付くまでにかかる時間や、事故後の法的な手続きの流れについても確認しておきましょう。